クラス 69th3年5組
タイトル 小町桜
行灯大賞
紹介文 時は平安、逢坂の関。降り積もる雪の中、狂い咲く一本の桜 —その名も「小町桜」。小野小町の歌により盛りの色を増した桜のもと、天下を狙う大悪人大伴黒主と、恋人を殺された仇を討つため桜の精の姿を現した薄墨、今宵激しく争い合う。妖しくも美しい恋の物語。
タグ
講評
保証人
5組が大賞を取ったのは行灯職人への道に残っている記録上初めてだと思います。
制作期間悪天候が続いた中この完成度は素晴らしいです。

まず触れたいのが、この行灯にはほとんど色ムラがないということです。桜・着物などにロンテックスを使用したとのことですが、柄の境界においてロウ塗りがしっかりされていたので、色が染みこんでいって隣の色と混ざってしまうことを上手く回避できていました。北高行灯ではおそらく初めての試みでしたが、成功していてすごいです。
また、配色関連でいうと、雪(寒色)と桜(暖色)で季節感が存分に発揮されつつ、色の対比もなされていて、綺麗な行灯だと感じました

また、色塗り以外でも、針金・電飾・紙貼りなどといった作業全体が丁寧に行なわれているという印象を受けました。これは全員が正しいやり方をしないと達成できないことなので、クラス内での情報伝達がうまくいっていたのだと思います。

男性についてです。全身が作られていて躍動感があると同時に、顔の上手さや墨入れからねぶたらしさを感じました。あと、ただ斧を持っているというようには見えず、他の行灯よりも「戦っている感」が伝わってきました。
また、女性を制作する際、男性に比較して顔や胴体の大きさで違和感が生じることが多いと思っているのですが、この行灯ではそういったものは感じませんでした。かなりバランスが取れていたと思います。着物の花の柄も綺麗でした。

このように人物が上下逆さまになっている構図ではその人物が分かりにくく、見えにくくなることが多いのですが、ぱっと見で理解することができました。おそらく詰め込みすぎていない構図だからだと思います(あと、女性の顔の白色がムラなくしっかり光っていたことも要因だと思います)。近年は大賞が多体傾向にあったのですが、このように人2人が対立しているという構図でもクオリティ次第では大賞が取れるということを示してくれました。

69th3-5の記録に書かれていますが、男の人の服の柄は「春と冬」を表している源氏香であったり、裏面において桜が歌により白黒から色を取り戻していく様子であったりなど、細かい部分にまで意味づけがされていました。見ている人全員に伝わるものではないと思いますが、こういった工夫が行灯の世界観をさらに引き立ててくれると思うので、これからも続いていってほしいこだわり方だと思いました。

おこがましいですが、どうすればもっとよくなるのかを考えてみました。
正面から見た際に暖色が多くなってしまっているので、行灯の真ん中に雪を配置したり、女性の着物の色を変える(着物の色は寒色にして、ピンクの柄をたくさん入れるなど)と、メリハリのある行灯になったかなと思います。
また、男性について、前傾姿勢にするとより勢いが出たのではないでしょうか。

最後に、行灯大賞おめでとうございました!