クラス 69th3年6組
タイトル 鳴神
金賞
紹介文
タグ
講評
保証人
全体的にたくさんの色が使われているため、鮮やかで、力強さの中にも綺麗さがある行灯という印象を受けました。

まず、男性の顔がよかったです。龍を睨みつけていることをしっかり表現できていて、かなりいい表情だと思います。体勢もx軸y軸に平行というものではなかったので勢いを感じられました。
このように女性を中心に配置する構図は珍しいと思います。この行灯では寒色(男性の服・龍・滝)の中に暖色(女性の着物)、また戦いの迫力の中に美しさというように、複数の意味でワンポイントのように見えたので、よかったです。

龍は、胴体が細いかつ顔が上にあるので、支柱や電飾が大変そうですが、成功していたと思います。3-6は事前に3DCGで支柱を制作していたとのことなので、それが大きな要因なのかもしれせん。顔が凝っていて迫力があるのですが、後ろの滝の青と色が被ってしまい、少し見にくくなってしまっていたのが勿体なかったです。

あとは、滝や炎のところでのロウの使われ方がとても効果的でした。特に裏面のクオリティがとても高く、今年1番だと思います。めちゃくちゃ綺麗でした。個人的な話になるんですが、僕が3年生で滝を作ることになったときに、このように青、水色、ロウ…と繰り返すような滝を作りたかったので、こういった作品がでてきて嬉しいです。

正面から見たときに、3-5と比べるとやはり色ムラがあるように感じてしまうので、そこがなかったら大賞も狙えたと思います(行列の順番的にも3-5の後なので…)。